しばわんこ

アクセスカウンタ

zoom RSS スカンジナビアンベーカリー

<<   作成日時 : 2006/08/06 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の午後の話である。ナムプーで写真を撮っていると、呼びかけてくれる人がいた。

画像


公開講座ラオスの扉で一緒だったSさん。JICAの派遣でラオスに来てもう1年になるという。
いくら狭いラオス好き社会でも、よくろっきいがわかったなあと思って、聞いたらGucchiさんと一緒にナムプー脇のスカンジナビアンベーカリーのオープン席に腰掛けていたのだった。

Sさんの仕事は知っていたし、昨日Gucchiさんがミニ講演を頼まれたことも知っていたので、なんかすぐ話に加わることができた。
ろっきいはラオスは明治維新頃の日本と同様の状況だから、国にお金が無くて税収は人件費で終わってしまうのではないかというと、Sさんこの国は地方分権状態で各県が税収を握っていて中央政府にお金を送ってこないのだという。社会主義国なのに、中央政府の統制が行き届かないらしい。ラオスらしい話である。
ろっきいが考えていたのは、この国は産業振興が進んでいないので、明治期の標語で言えば殖産興業が未達成、資本の原始的蓄積が不十分、なので一般庶民は所得が低くとても十分な所得税は徴収できないし、国の行う事業も開発援助に頼らないとできない体質になっているということだったのだが。

Sさんには日本語教育にも関心を持ってもらえて、派遣の役人にはなかなかいないタイプの腰の低い、よく考えている人だなあと感心するのだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スカンジナビアンベーカリー しばわんこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる