しばわんこ

アクセスカウンタ

zoom RSS バンコク最新ホテル案内 バジェットホテル編 サムランプレイス

<<   作成日時 : 2007/07/23 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

バンコク市内で、ろっきいに見合ったホテルが見つからず、このところ毎度苦戦しています。
今回のテーマは、バジェットホテルと☆4ビジネスホテルの比較です。
画像

ホテルエリアは空港からの交通の便の良い戦勝記念塔に付近。ホテル予約サイトによって多少表現が違いますが、サイアム地区プラトゥーナムからペッブリー通りの辺りです。

スワンナプーム空港からの交通はいずれも空港シャトルバス(無料)公共交通センター乗り換え市バス551番利用(34バーツ)。

ルアンパバーンからのバンコクエアウエイズはバンコク17時到着予定でほぼ予定通り飛んだが、イミグレーションは前便の旅行者で列ができていました。それでも18時前には到着出口に出ることができました。
シャトルバスはちょうど行ってしまいましたが、この時間帯は5分ほどで次の便が来ます。
公共交通センター(空港バスターミナル)に移動して、551番のバスに乗ります。

バスの行先掲示板には以前は戦勝記念塔、サイアムパラゴンとありましたが、パラゴンには行きません。いつの間にか、新しい掲示板になって、行き先は戦勝記念塔のみです。
夕方時間帯は、バンコクの交通渋滞にかかります。しかし、この日はそれ程ひどい渋滞はなく19時前に戦勝記念塔につきました。

ここからはタクシーを利用しました。ここからホテルのあるペッブリー通りに入るバスはたくさんあります。しかし、どのバスがペッブリー通りのホテル前を通るのか、車掌に訊くのが難しかったのです。車掌は帰宅ラッシュ時で途中から乗った乗客に切符を売るのに忙しいのです。

タクシーの運転手はラチャテヴィのサムランプレイスホテルを知っていました。しかし、ペッブリー通りに右折できるのは市バスだけでタクシーは右折できないのだそうです。それでアジアホテルとエバーグリーンの先の運河沿いの地下道をくぐってUターンしてホテルに向かいます。

43バーツ。45バーツ出しておつりは要らないというつもりだったのですが、暗くてよく見えなかったので1バーツ硬貨だったようです。運転手がえーっという反応だったのですが、いいよいいよと、降りてしまいました。(あとで小銭をチェックしたら計算より4バーツ多い。)
運転手はおそらく、わたしが何で右折しないんだと尋ねたので、大回りに不満があったと感じたのでしょう。

ホテルは入口を入るとすぐ食堂のイス席になっていて、フロント前まで進むと若干の空間がありました。
フロントの応対は愛想があるわけでないけれど、手慣れた感じです。宿泊カードに必要事項を記入してパスポートのコピーをとると、禁煙ルーム613号のカギをくれました。

6階の廊下は片廊下、窓は空調がなくて開けてありました。廊下の突き当たりが613号で、キーホルダーをソケットに差し込むパワーキータイプです。
部屋の作りはまだ古くなっていません。ダブルベッドではなく、ツインベッドタイプだったかな。ベランダ付き。家具類は新建材の値段相応のもの。

洗面所はシャワールームがくもりアクリルガラスで囲われていてバスタブはありません。今の家はバスタブがないので、ホテルに入ったらゆっくり風呂につかりたいと思っていたので残念です。シャワールームの清掃状態は問題ない。アメニティはリンスインシャンプー。石けん。

ホテル付近には屋台が出ています。しかし、飛行機で食事が出たのでそんなにおなかが空きません。アジアホテル売店でミートパイ8バーツとコンビニでジュースと飲料水を15.5バーツで買い、ホテル近くのタイマッサージ(1時間200バーツ)を利用して帰りました。
マッサージ屋さんはそれほど上手ではない。うまい人を見つけるのは難しいと思います。

テレビ・エアコンに問題はなく、ベッドは快適でよく寝られました。
画像

あくる朝はベランダからラチャテヴィの町の裏側が眺められました。ヨーロッパの町のようにきれいではありません。ラオスに似たものを感じます。

朝フロントで食券をもらって、それで食事をお願いする方式。このほうがビュッフェタイプより、ホテル規模に見合っています。卵の調理の仕方と飲み物を選択して伝えます。先に何組か食事をとっていましたが、テーブルには余裕がありました。
画像

食後、ホテルの周辺を見てみました。隣接地は建設工事はまだ途中ですが、滞在中は騒音はありませんでした。一番奥の部屋でしたから、自動車の音も全くありませんでした。

ただし、夜中に同じフロアに帰ってきた泊まり客の話し声は大きくて、部屋の中までよく聞こえました。しかし、その人達が部屋に入ってしまえば気になりません。ドアの下に隙間がありますから、防音性はないですね。

予約はウエブサイトwww.agoda.jp/で、スタンダードルーム1泊(税サ込)27ドルでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
部屋を点検したとき、左のベッドサイドランプが不調でした。そう、やはりツインベッドでした。
すぐフロントに電話したところ、今すぐは人がいなくてランプは替えられないわ、という返事でした。
デスクスタンドで十分明かりは採れていたので、「問題ないからいいよ、電気がつかないという確認の電話です」と言って電話を切りました。

連絡しておかないと、宿によっては泊まり客に修理代を請求することがあると言います。
ろっきい
2007/07/25 13:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンコク最新ホテル案内 バジェットホテル編 サムランプレイス しばわんこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる